2chの金融スレをまとめてみた

ご利用のお客様が住宅ローンを万が一返すことができなくなった折には、代理として保証会社が残りのローン残高を立て替えし銀行に支払わねばなりません。信用調査内容にローン破綻のデータが残された状態は一定の歳月が過ぎ去ると消去されます。世の中的には10年を超えない歳月となっているので、長くなっても10年前後です。債務整理後7年以降はその取引内容が希薄になるため、クレジット加入審査やお金を借りる時の審査評価は少々緩和なります。信用データに傷がついてしばらくの期間キャッシングやクレジット・カードを申請ができませんので注意してください。ですが、これらは仮の目安です。状況により10年以上経過してもローンを組むことができないこともあります。

今お持ちのクレジットカードはカード破産の際に失効してしまうので、結果的にクレカを持てません。数年間はカードを使えないので、倒産後は高価なショッピング等もできない事態となります。
今の新参は昔の自己破産→条件を知らないから困るとは言っても、最長10年を経過すると信用機関からカード破綻の情報は消され住宅ローンの申し入れようになります。最も厳重なのが全国銀行個人信用情報センターなのです。どの銀行から借金をしていたかの状況で住宅ローンが始められるまでの時期に違いがあります。今の時点で日本で存在するのは3つだそうです。CICというのは信販会社の調査機関です。登録が掲載されるのは5~7年です。個人破産してしまった方のデータは姓名、生年月日、取引詳細、取り引き先の種別等が載っています。

理由としてはカード破産により本人の信用内容を司っている各信用機関のブラックリストに記録されてしまうからです。各種債務の片付け手段あるけれども、その中でも特に全負債の支払を免除となるのが破産です。なんで不可能になるのかというと、クレジット・カードでウェブ購入した時の買い物代はカード会社によって立て替えをして決済をしているからなのです。ことさら倒産後に職種に限定が生じるのではないか不安だという意見は多いようです。実際のところ、破産をしてしまうと一定期間が過ぎるまで勤務できない仕事があるのが事実です。破産手続き後はブラックリストへと情報掲載されてしまうので、クレカを作成したり、新規ローンを借入は無理な状況となるのです。
counter-ads.org