2chの金融スレをまとめてみた

平均的な一人住まいと異なるところは、病院代無料、携帯通話料無料、外食し放題だということだ。そんな時に考え出したのが、株主優待券の利用。少量ですが、株で利益を得ており、それで受け取った株主だけのためのお食事カードを手にしていました。
債務整理の主婦があまりにも酷すぎる件について債務整理の無料相談を知らない子供たち収入は貰える年齢にまで至ったら獲得できるようにだれもが力を絞らなければいけません。そのオープニングが20歳のなった時です。なによりも、お茶を節約します。ボトル飲料は飲まず、何があっても自分でお茶を作り持って出ます。また、新聞。

これは丸々日々のやりくりをすると、貯められるのは、家での収入が時間がなくなるので、109700円足すたった7000円だ。私のケースでは、毎日のピザのお金がお金がかからないのが大きい。外食がただなのが一番嬉しい。ラーメンくらいならがまんしよう。二人の賃金があれば目下のところやりすごしている。忘れてはいけないのは、来年の2月いっぱいは、失業保険で暮らせる予定で、1月までの保険金は、まず100000円、109700円貰い、そして30000円、20000円貰い、最後に7000円となって、総額は266700円。どう考えても倹約生活を努力して作るのが一番安心できます。食材にお金をかけないみすぼらしい食生活が過ごすことはありません。

今のところ9月なので、10月1日前に預金は、彼の給与の10万円、私の資金の2万円と、内職の収入3万に支給される7000円があるからすべてで157000円。当方は幼い頃(中学生)から月々母から3~5万円の資金を支給されていました。主としてゲーセンなどに投入して遊んでいました。結局ぼくが成人するとパパは好きに借財を作り頻繁に家へ呼び出しが入りました。知人から資金を作ってもらったという経験はありますが、借金について極端な敏感には抱えていなかった時ですらすぐに返せるお金しか借りないように自戒していました。
counter-ads.org